今のところは経営が健全でも、「もしも」の場合に備えて共済にかけておくと取引先が倒産などした時に資金調達ができる制度

中小企業総合事業団が行っている「中小企業倒産防止共済制度」がそれにあたる。

取引先の倒産などに売掛金の回収が困難となった場合には、掛け金の10倍まで貸出している(限度額が3200万円まで)。

この制度のすばらしい点は、「無利息、無担保、無保証人」となっている点。
そのうえ、掛け金は税法上損金扱いになる。
毎月の掛け金については、5000円から8万円までと5000円きざみでかけることができる。
また似たような制度は各地方自治体の商工会議所などでも取り扱っているケースもあるので問い合わせてみるのも良いでしょう。

>TOPへ戻る

カテゴリ