確認株式会社とは?従来の法律では株式会社設立には資本金最低1千万円が必要でした。

しかし、この資本金が起業家の法人格の取得、設立を妨げる大きな要因となっていました。
そこで、経済の活性化、雇用拡大を目指し「中小企業挑戦支援法」が成立されました。

そして、平成15年には経済産業大臣の確認を受けた者が株式会社を設立する場合には、最低資本金に関する規制を受ける必要がなくなり、

最低1円から会社を設立することが可能」となったのです。

ただし、条件はいくつかありますので、このサイトでは順を追って説明を加えていきます。
当サイトでは説明の便宜上、今後は「確認株式会社」と名称を統一して説明していきます。

>TOPへ戻る

カテゴリ