定款とは会社の根本原則あるいは根本規則について記載した書面のことです。

会社内での法律のようなもので、法人会社の場合は必ず作成しなければなりません。
定款は発起人が作成し、署名捺印したうえで公証人によって認証を受け初めて定款と認定されます。

定款に記載する事項は下記が代表的なものです。

1:絶対的記載事項
法律上、必ず記載しなければならない事項です。記載していない場合は定款は無効となります。
例:会社の屋号、商号、事業内容、発起人の氏名、住所など

2:相対的記載事項
必ずしも記載しなくてもよいが、予め定款に記載しないと効力が生じない事項のこと。
例:株式の譲渡制限に関する規制など

3:任意的記載事項
特に記載せずとも法的な効力が生じませんが、記載しておけば会社内において、規約として拘束力を有する事項のこと。
例:株主総会の開催時期、株券の再発行手続き、会社の営業年度

>TOPへ戻る

カテゴリ