ここまでの手続きで無事に株式会社を設立することができましたが、登記後にもう少しだけやっておかなければならない手続きが残っています。

ここでは、残りの手続きについて解説をしていきます。

1:法務局へいき、登記謄本(コンピューター庁では、「登記事項証明書」)と印鑑証明書を取得します。

2:経済産業局に届けでを出す。

3:税務署や社会保険事務所等へ会社設立の届けでを出す。

以上の3点の手続きが完了して晴れて株式会社設立となります。
まず、登記が完了したら、会社の登記簿謄本と印鑑証明書を取得しますが、登記簿謄本と印鑑証明書は法務局の印紙売り場、または郵便局などで登記印紙(登録免許税とは違い収入印紙ではありませんので消印も必要ありません。)を必要数購入します。

>TOPへ戻る

カテゴリ